記事

最近、歯科診療について週刊誌で連載されています。
皆さん歯科のがどんなことに疑問や感心をお持ちなのか、理解するために記事を目にしたときは読むようにしています。

記事に関してはよく取材されているな。 と感心する点も多々あります。
しかし、患者さんに感染性のある疾病について尋ねるのは望ましくないとの部分には疑問を持ちます。
不幸にして差別的な待遇をされたなら、たいへん残念なことです。一部の心無い歯科医院の対応なので、
どうか疾病の有無を医療機関に告知することの重要性を理解していただきたいと思うます。

なぜなら、治療に際してはできる限り患者さんの既往歴を知る必要があります。
それによって、使用する薬剤や、処方、治療時のモニタリングの有無などを検討するからです。
お尋ねする既往歴の一部として、感染性の疾患も必ず告知していただきたいと思います。
医療機関として、守秘義務は厳守しておりますのでご安心ください。



スポンサーサイト

フッ素

フッ素塗布、歯面に塗布することによりう蝕の発生を抑制するとされている薬物です。

エビデンスもあり、安全であるとされてます。 しかし、これはあくまで大きな標本数のもとで統計的に有意差があるということであって、個々人の口腔内での効果を保証するものではありません。
正直当院では、症例によりますが、う蝕予防という点ではそれほど重要視していません。それよりも患者さん、(この場合主に小児ですが)の年齢や発育、口腔内の状況、などを総合的に判断して、最優先すべきことへのアプローチをしていきます。そういった姿勢で患者さんに対していると結果的にフッ素塗布は当院では優先順位が低い場合が多いのです。

ビタミン剤を服用しているから、風邪をひかないはず  と考えるよりもはるかに効果の低いものであると思います。

それでも患者さんにとっての優先順位が高い場合は、どうぞ遠慮なく申し出てください。

銀歯

5月26日号のセンテンススプリング  もとい週刊文春に「銀歯の寿命は8年!」 という記事がありました。
一部、疑問に思う点はありますが、、多くの歯科医が自分の家族には銀歯は使わない  との一文には

正直、ドキッとしました。  すいません、当てはまります。 私も はい、ゴールドです。

幸い子供はいまのところ虫歯がありませんが、もしもの時は、虫歯の部位によって違いますが、
ゴールドかセラミックスです。

保険適用の材料は制限がありますので・・・。医科では高額の新薬や治療法が日進月歩で保険適用されているのに
歯科は数十年、最も頻度の高い治療の材料は昔、いや大昔のままなのが現状です。
幼児から高齢者まで、はば広い年代が受ける治療にこそ、よい材料、そして先進技術を保険適用にしてほしいものです。



地震

このたびの旅の九州地方の大地震、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

5年前の大震災の時のことが、まるで昨日のように思い出されます。
あの時の恐怖と不安を忘れることはできません。
続発する余震、どんなにおつらいでしょう。 水道と電気がやっと復旧したので、お風呂に入り、
湯船につかったとたん、水面がゆさゆさと揺れ、おやっ?と思ったら余震で、もう泣き出しそうでした。

飲料水の確保が優先でしたので、歯を磨いたり、洗面の水すら節約しました。
どうか皆様が一日も早く、平穏な日々の暮らしを取り戻せることを心より祈念いたします。

5年

あともう少しで東日本大震災から5年になります。(現在14時17分)

今思い返しても、本当につらい経験でした。
当院も数々の医療機器が壊れカルテ棚からはほとんどが床に落ち、薬品から歯科材料に至るまで
床に散乱しました。
横断歩道の信号が止まり、これは大変なことになった と恐怖でいっぱいでした。

震災によって被災された方々の復興を改めて心よりお祈り申し上げます。
そして日本中の人々がこの大災害を決して忘れることなく、心を寄せてほしいと思います。



プロフィール

Author:tudadent
日々思うところ、ぜひお伝えしたいことをお話ししたいとおもいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR