プロとして

歯科治療のプロとして、私どもの使命はなんでしょうか。それは一定水準以上の良質な歯科医療を、継続的に提供することだと
考えます。しかしそのためには、正確な診断と患者様への情報提供が大前提となります。

近くの歯科医院などで受けた診断のセカンドオピニオンとして、当院を受診される方が増えています。
その際、ご自身が望んでいた診断と違う場合などは、たいへん戸惑う方がいらっしゃいます。
もちろん希望に添えないことはたいへん残念に思いますが、プロとしての診断を患者様に伝えるほかありません。

ときに冷たく、非情に思えるかもしれませんが、ご理解いただきたいと思います。
と同時により良質な歯科医療を提供できるよう、日々研鑽を積んでまいりたいと考えております。
スポンサーサイト

スマホの弊害

なんか今更、という感じですが、やっぱり気になることが多いので・・。
ジムでのトレーニング中でもスマホを観てる人。
筋トレマシンを動かしながら!だって所定の位置に身体の各所をおいて行わないと、効果が上がらないのでは?
というか危ないのでは・・・。と心配になります。

スマホに時間をとられて、会話や歌をうたったり、大、特に小児が急増しています。
歯科治療に支障があることも・・。

そして自転車に乗りながら、スマホを観る人、やめてください。

継続

今まよく耳にしてきた、継続は力なり 改めて深く感心しています。
昨年9月より始めた筋肉トレーニング、半年以上になりました。途中予定が立て込んでジムに行く体力がなく、
間が空いてしまったりと、大変でしたが、細々でも続けているせいか、膝痛みは出ていません。

気のせいか疲れにくくなったかも・・。

50の矯正も歯の移動が自覚できるまでになり、また写真にとると、しっかり空隙が出ていたりと、
びっくりしています。ここまで動かしたんですから、しっかり最後まで頑張らねば、と継続の決意を新たにしているところ
です。

膝痛対策として昨年9月から筋トレをしています。
長引く痛みに不安になり整形外科を受診、結果今なら筋肉をつければ治るとの診断でした。

そこでネットで膝痛対策の体操を調べて頑張りましたが、効果はあまりありませんでした。
今までは少し泳ぐだけでしたが、水泳はあきらめて(体力・時間不足で両方はムリなので)ジムにデビューしました。
しばらくはトレーニング後の膝の痛みがつらくて、くじけそうになりましたが何とか乗り越え、2月後ぐらいには
自覚症状はなくなっていました。

現在もトレーニングの間隔があきすぎてしまうと、「あぶないなー。」とサインが出ます。
できるだけ長く続けないと、と思っています。

謹賀新年

あけましておめでとうございます  本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、当院も明日から診療開始となります。 気持ちを新たに始めたいと思っております。
かねてより研究をしていた、矯正歯科のアンカースクリュー、インプラントの磁性アタッチメントに加えて昨年は
さらに呼吸について研究を始めています。

私たちの生命の維持に欠かせない 医学的にはもっとも重要なテーマでありながら、その実基本的な理論の確立が
ないがしろにされていた感があります。

今年も私なりに研鑽をつみ、睡眠時無呼吸症候群等の患者さんにさらにお役に立てるよう努めたいと思っています。
プロフィール

tudadent

Author:tudadent
日々思うところ、ぜひお伝えしたいことをお話ししたいとおもいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR