スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の根(神経)の治療が終わったのに痛い

歯の根管(神経)の治療が終わったのに痛いと感じることがあります。がまんできないほどではないけれど、ものを噛んだり噛みしめたときに痛い。また、なにもしていなくても歯がういているような感じなどの症状が多いようです。
滅菌1
これは根管の細菌を最大限減少させ、炎症を抑えた後に行う根管充填という治療の影響です。これは歯の根の先端部分まで緊密に薬剤を充填することが理想です。なぜなら薬剤の到達が浅かったりすき間があると再感染のリスクが高くなるからです。一方、根の表面は歯根膜というセンサーの役割をする組織で覆われています。ですから、理想的な充填ができたときは薬剤が歯根膜に触れるため上記のような症状がでる場合があります。これとは別に、根の周囲の骨がいたんでしまっている歯の治療の場合は歯根膜も破壊がすすんでしまっているので、薬剤の刺激で骨が痛むことがあります。いずれの場合もしだいにおさまっていくのでまず心配はありません。
スポンサーサイト
プロフィール

tudadent

Author:tudadent
日々思うところ、ぜひお伝えしたいことをお話ししたいとおもいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。