スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント

当院ではインプラント治療をする患者さんには、日々のお手入れのと定期検診の重要性をご説明し、
定期検診の受診をお約束いただいております。

インプラントはとても快適なものですが、ブラッシングや清掃がゆきとどかないと、自分の歯と同じく、歯周病にかかってしまいますし、かみ合わせの負担を調整する必要があります。

自覚症状がないからと、日々のお手入れが雑になった、検診を受診されない方が、まれにおられます。

私も自分が入れたインプラントで少しでも長く、皆様のお役にたてたらと設けた検診システムです。

お手入れと検診は欠かさないでください。
スポンサーサイト

予約制

歯科の治療はみなさん意外に思われるかもしれませんが、そのほとんどが外科治療です。医科で入院して行う手術ほどではありませんが、麻酔をし切削器具を用いることがほとんどです。

ですから、院内感染を防ぐためにもあらかじめ治療の予定を立て、機材の滅菌や準備が必要です。

もちろん、キャンセルなどがあり、直接お見えになった患者さんの診療をさせていただける場合もありますが、やむおえず、対応できないこともあります。私どもも大変申し訳なく思っております。

どうか来院していただく前にお電話にてご連絡いただけますようお願い申し上げます。

予約制

急患の方は例外ですが、当院は予約制となっております。

はじめてご来院される方、しばらくぶりに来院される方、そして検診の方は事前にお電話をいただき症状などをお聞きして
予約の日時を決めさせていただいております。

おかげさまで、当院を長きにわたりご利用いただいている方、また検診システムをご利用の方の多くの患者さんは
時間をお守りいただいております。心より感謝いたしております。

医療の現場では、時には予定どうりに行かず、患者さんをお待たせしてしまうこともございますが、スタッフ共々
お約束の時間を守れるよう努力しております。

顎関節症

顎関節症の原因として、関節周囲の筋肉の過緊張や関節円盤のズレや損傷などが考えられると、以前このブログでお話ししました。

それ以外にもかみ合わせが原因となるものもあります。

虫歯などの治療のために後から入れた修復物などが合わずになる場合などは、それを調整すればだいぶ楽になりますが、
長年かけて獲得したかみ合わせが原因の場合は治療が困難な場合があります。

先日いらした患者さんは、下顎の後退が強く相対的に上顎が出ています。また前歯部があいてしまっていて、正しい嚥下ができていません。この状態はとても顎関節に負担をかけてしまいます。
ご本人は今まで特に不便は感じなかったので放置してしまったのだと思いますが、虫歯だけでなく、かみ合わせも成長段階でぜひ関心をもってください。
プロフィール

tudadent

Author:tudadent
日々思うところ、ぜひお伝えしたいことをお話ししたいとおもいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。