FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口を開けていられない子供たち

ここ1、2年、感じるようになったことですが、治療中に口を開けていられない子供が増えているように思います。

気になってはいたのですが、気のせいかな?  偶然重なっただけかな?と思っていました。

しかし、気のせいではないようです。

最大開口量の80%ぐらいの開口量を、短時間でも保つことができないのです。
「お口を開けてください」と言うと一生懸命開けてくれるのですが、すぐにファーと閉じてきてしまいます。

子供たちの日常生活から、口を大きく開けて話をしたり、笑ったりすることが減り、その結果口腔周囲の筋力が低下してしまったのでしょうか?
スポンサーサイト

MFT

 歯の矯正の相談にみえる患者の約90%は、口腔内外の筋肉の不調和が大きな原因の一つになっています。

意外に思われる方が多いと思いますが、筋肉の不調和が歯並びや顔面の成長に大きく影響を及ばすのです。

ですからたとえ歯並びが矯正できたとしても、原因である不調和を治さないと、後戻りの度合いが大きくなってしまうのです。

では、どのように治すのか?  方法の一つにMFTというトレーニングがあります。
正しい嚥下運動の習得のためのトレーニングです。矯正治療へのモチベーションが高い方は、習得できるのですが、

約1年に及ぶので、なかなかの忍耐力が必要です。

ですから学童期などなかなかモチベーションを維持できない場合は、マウスピースによるトレーニングを行っています。
しかしこれも毎日行わないと効果がないので、保護者の方の協力やみまもりが重要です。



眠ること

先日 、オーダーの枕を作りに行きました。

年々眠りの質が低下しているように感じ、なかなか自分にあう枕が見つからないからです。

若いときは寝具に眠りが左右されることなどありませんでしたが・・。

各種測定を行うのですが、その器具がシンプルでかつ的確なので関心しました。

使い心地は ○ですが、測定時に使用した寝具[ベッド)と似た環境にしないと再現性が低くなりますね。
プロフィール

tudadent

Author:tudadent
日々思うところ、ぜひお伝えしたいことをお話ししたいとおもいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。